仕事をがんばってるママと子どもの 根っこをつなぐお手伝い(マザーズコーチング・アンガーマネジメント・トラストコーチ)

Mothers Coaching School -マザーズコーチングスクール-

マザーズコーチングとは?

こどものために、お母さんが学ぶコミュニケーションスクールです

mother's001

人間の脳は、5歳~6歳頃までに大人の90% 程度まで大きくなり、0歳からその頃までの経験によって「思考パターン」の95% が決まるとわかっています。
また、ハーバード大学育児研究センターによると、こどもの将来の学業成績やコミュニケーション能力の違いは、0歳~6歳の間に、「大人とどんな関わりをしたか?」 で決まると言われています。

このように、才能や学歴、そしてキャリアを活かす鍵となるコミュニケーション能力の土台は、幼少期の頃にほとんど決まってしまうのが現実です。
そしてその時期に、関わる時間がとても長く、また誰よりも影響力の強い存在は、お母さんです。

マザーズコーチングスクールでは、こどもの将来のコミュニケーション能力の土台となる、重要な4つの要素を育てることを目的とした、お母さんのためのスクールです。
お母さんが、こどもとどのようなコミュニケーションをはかるかで、将来のこどもの能力が大きく変わってきます。
子育ての質は、母と子のコミュニケーションの質で決まると言っても、過言ではありません。

オリジナルコーチングテキストを使い、言葉が生まれる背景について学ぶ「ベーシックコース」と、言葉そのものの選び方などを学ぶ「アドバンスコース」、それぞれ2時間の講座です。

anger04

ぜひこの機会に、こどもの未来を思いながら、ご自分のコミュニケーション能力を、楽しく磨いてみてください。

こんなことが学べます

講座内容の一例です。ひとつでも興味がある方はぜひ、マザーズコーチングを受講してみてください。

その関わり方、こどもの「考える力」奪ってます

mother's03
小さなこどもには危険がつきものだったり、社会のルールを理解させる必要があったりと、「教える」べきことがたくさんあります。
お母さんとこどもの、2人きりの時間が長くなった現代では、こどもが見るもの・触れるもの・遊び方・人との関わり方についても、お母さんは一生懸命教えます。
こどもが間違ったことをしないように、常に見張って直し、いつでも用意周到に待ち構えています。
ですが考えてみてください、お母さんにとっての “ 正解 ” は、こどもにとっても “ 正解 ” なのでしょうか?
教えているつもりが、「管理」や「押しつけ」になっているお母さんが、少なくありません。
そうならないために、どんなポイントに注意するべきか、エクササイズを通じてしっかりと身につけましょう。

使うたびに、こどもの心を蝕むNGワードって知ってますか?

2011年の調査によると、「自分が価値のある人間だと思うか」との問いに、「全くそうだ」と答えた日本の高校生は7.5 %でした。
米国57.2%、中国42.2%、韓国20.2%という結果を見ると、日本の高校生は「自己肯定感」が著しく低いことがわかります。
思考パターンのほとんどが、幼少期のうちに決まるため、自己肯定感の高い子を育てるためには、その頃のお母さんの接し方が何よりも重要です。
そうと分かっていても、実は知らず知らずのうちに、自己肯定感をつぶしてしまうNGワードを、頻繁に使っているケースが見受けられます。
NGワードとは?なぜNGワードなのか? エクササイズを通じてしっかりと理解し、こどもの自己肯定感を育む、コミュニケーションを身につけましょう。
mother's04

こどもの為と思っているその行為、危険な「干渉」かも・・・

mother's05

こどもを一輪の花にたとえた時、その花に、親はどのように関わるべきでしょうか。
水をあげる? 雨風から守る? いいえ、どちらも不正解です。
子育てにおいて、それらの行為は「干渉」であり、こどもの可能性をどんどん狭める危険性があります。
教育熱心なお母さんほど、「こどものために!」と一生懸命「干渉」するので、こんなに残念なことはありません。
親がすべきことは、根っこの成長を助けることです。丈夫な根っこがあれば、倒れたり踏まれたりしても、また立ち直ることができるのです。
子育てのよくあるシーンを例に、根っこを育てるコミュニケーションとは、具体的にどうゆうことなのか、繰り返しエクササイズで学びます。

「まだこどもだから・・・」を前提に会話をしていませんか?

まだ未熟なこどもに対して、わかりやすい言葉や表現を使うことは大切です。
ですが、「こどもには未熟な部分がある」と「こどもは未熟な存在である」とでは、大きく意味が違ってきます。
「こどもだから・・・」と、こどもを未熟な存在として捉えていると、心の安定に重要な、親子間の信頼関係を築くのが難しくなります。
こどもを「自立した1人の人間」として扱うことが、信頼関係においてとても大切になりますが、それは具体的にどうゆうことでしょうか。
親子間でのより深い信頼関係を築くために、「聴き方」「質問の仕方」「褒め方」「叱り方」の具体的なスキルを学び身につけます。

mother's06

こんな方におススメです
☑こどもとのコミュニケーションに関心のある方
☑ 0歳~6歳のお子さまの子育て中の方
☑ 妊娠中または妊娠を希望している方
☑ お孫さんがいる方
☑ こどもに関わるお仕事をしている方
☑ マザーズティーチャーを目指す方

講座のご案内

BASIC -ベーシックコース-

0歳~6歳のこどもとのコミュニケーションについて、「心」と「思考」のバランスによって言葉の大半が決まることを理解し、バランスを整える方法を学びます。

受講時間2時間程度
講座内容・ 子育てのゴールとは?
・ 親の役割とは?
・ コミュニケーションが成り立つ条件
・ 言葉の内容が決まる背景
・ 「言葉」の土壌を育てるエクササイズ
・ 伝わる言葉を決めるエクササイズ
教材オリジナルテキスト
受講費用¥7,560(税込)
※ テキスト代を含む

ADVANCE -アドバンスコース-

0歳~6歳のこどもとのコミュニケーションについて、こどもに伝える、言葉そのものの選び方を学び、身につけます。
※アドバンスコースはベーシックコースを受講済みの方のみが参加できる講座です。

受講時間2時間程度
講座内容・ 「見守る」コミュニケーションとは?
・ 使ってはいけない子育てNGワード
・ 自然な成長を邪魔しないためにすべきこと
・ 「自己肯定感」を大きく育てるためのエクササイズ
・ こどもが本音を隠さない聴き方
・ こどもの学ぶ力や責任感を育てる会話
・ こどもに愛情が伝わる褒め方
・ 怒ると叱るの違い
教材※ベーシック受講時にお渡ししたテキストを使います。
受講費用¥8,640(税込)
※ 認定書発行含む

トラストコーチング認定の修了証(ディプロマ)を発行

トラスト終了証マザーズコーチング
ベーシックコース・アドバンスコースの両講座を修了した方に、トラストコーチング認定の修了証(ディプロマ)を発行いたします。
こどもの可能性を伸ばすのに有効なコミュニケーション理論を理解し、実践できることを目的とした講座の、修了を証するものです。
※ 認定講師マザーズティーチャーの資格ではありません。認定講師トレーニングを受ける際は、受講の証として必要になります。

受講についての注意事項(必ずお読みください)

・ ①ベーシックコース → ②アドバンスコースの順で受講できます。
・ ベーシックコースとアドバンスコースをまとめて、1日で受講することも可能です。
(ご希望の場合はご相談ください)
・ ベーシックコースのみの受講は可能ですが、ベーシックを受講していない方がアドバンスコースのみを受講することはできません。
・  「お母さん」の必要はなく、こどもとのコミュニケーションに関心のある、すべての方がお申込みいただけます。(保育園、幼稚園の先生、子ども向けの教室をされてる先生、塾講師、子どもスポーツのコーチなど)
・ パパ・プレパパの受講も歓迎です。
・お申込み後、テキストを発注するため各日程の10日前ぐらいには締め切ります。
お早めにお申し込みください。
・テキストを発注してからのキャンセルは別日を設けて受講していただく形となります。
ご了承くださいませ。

マザーズコーチングスクールについての詳しい内容は、一般社団法人トラストコーチングの公式サイトにて確認ください。
※当講座は一般社団法人トラストコーチング マザーズティーチャー認定資格保持者が開講いたします。

お客様の声

実際に受講した方からたくさんの感想をいただいております。

自分が普段思っていた事を言葉で伝える大切さを改めて知ることができました。
第3者に聞いてもらうだけで穏やかに聞くことができました。
日々の生活に追われがちですが子供の気持ちに心から伝えることが
大切なのだと感じました
30代女性

<<他のお客様の声も見る

PAGETOP
Copyright © Dreamie All Rights Reserved.