我が子が宿り妊娠中から今現在までを合わせると

母親になって23年。

私の小学生・中学生・高校生・さらに短大は幼児教育学専攻だったのに

学校で先生からコミュケーションを学ぶ事もそんな授業も無かった。

更に、残念だけど共稼ぎで朝から晩まで必死に働いていた両親からも教わらなかった。

そのまま私は大人になり

結婚をし(現在は独身です)

妊娠、出産し産婦人科などで、赤ちゃんの育て方など教えて貰いました。

職業も保育士でしたので

育て方と言うより、上手く扱える?という感覚。

産婦人科でもコミュケーションを学ぶ機会は有りませんでした。

でも我が子が大きくなって気付きました。

私のコミュケーション能力は大丈夫?

子どもとしっかり向き合えているの?

最近イライラ怒ってばかりな私…

なんか毎日同じ事で親子ケンカしてるな…

などと自分に自信を無くしかけていた時に出逢った

マザーズコーチングスクール。

受講してから

子どもに対して

そもそも子どもなんだからって気持ちが軽くなり

そんな考え方もあるよね!そんな気持ちだったんだね!

と心から安心感を感じながら会話ができる関係になりました。

既に思春期だった我が子でしたが

変化がすごーく感じられたあの頃。

今では成人して離れて暮らしていてなかなか会話できないけど

お互いLINEで相談し合ったり。

もしも

マザーズコーチングスクールに出逢っていなければ

子ども達とどんな関係だったのだろう。

子ども達とだけでなく社会でも。

マザーズコーチングスクールの内容は、お子様向けだけでは無く

大人同士の関係でも使えるスキルが入っております。

コーチング。

今からの時代に必要不可欠になるかも知れません。

体験してみませんか。