こどもの脳は、0〜6歳までにおとなの95%の大きさにまで成長するとともに、その時期に接した身近なおとなの影響を多大に受けやすい時期でもあります。

一番身近で影響を受けやすいのは、やはりおかあさんですが、一緒に過ごす時間が親よりも長い場合もあるのが、

園の先生方です。

先生方がその職業を選んだ理由としては、

幼い頃からの憧れや、こどもが好きだからなど、

かねてからの夢を叶える形で、

先生になられた方が多いのではないかと思いますが、

やる気も適正もあるのに、職場での人間関係に悩み、

それが原因で辞めてしまう先生も多い現状もあるようです。

こどもに対しても、保護者に対しても、先生同士でも、園の先生方にとってコミュニケーションは、避けては通れないものですし、

これからの時代、どんなに技術が発達したとしても、

AIやロボットに先生の仕事を任せることはできません。

先生方が仕事のほとんどであるとも言える、「コミュニケーション」を学ぶことで、その先にはどんな未来があるのでしょうか。

『ナーサリーコーチング®︎』は、『保育のプロ × コミュニケーションのプロ』を育成するための、幼稚園・保育園・こども園の先生方向けの研修プログラムです。

(8時間の研修を終えると、コミュニケーションのプロの証でもある、「ナーサリーコーチ」の資格を得られます。)

保育のプロとして毎日お子さまと接していらっしゃる先生方には、きっと私たちの方が教えて頂くこともたくさんあると思いますが、

先生方がコーチングを学び、コミュニケーションのプロとして、相手に安心感を与えるコミュニケーションという、目には見えないツールを手にすることで、

職場での人間関係関係をより円滑に、保護者との関わりもよりストレスが少なく、こどもたちとのコミュニケーションもより自然に豊かに。

そして、人生で最も周りの人の影響を受けやすい幼少期に、コーチングを活かしたコミュニケーションをすることで、

例えば、相手の言動の裏にある感情や背景までも汲み取った関わりが当たり前にできるようになり、

そうすることで、こどもの将来のコミュニケーション能力や自己肯定感に差が生まれるのは、

明らかではないでしょうか。

大切なお子様を預かる尊い仕事をされている先生方が、より良く輝く一助となれますよう、尊敬と感謝の気持ちを込めて、『ナーサリーコーチング』お届けしたいと思っでおります